投与前の確認事項


【警告】

  1. 本剤投与により、結核、肺炎、敗血症、ウイルス感染等による重篤な感染症の新たな発現もしくは悪化等が報告されており、本剤との関連性は明らかではないが、悪性腫瘍の発現も報告されている。本剤が疾病を完治させる薬剤でないことも含め、これらの情報を患者に十分説明し、患者が理解したことを確認した上で、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。
    また、本剤投与により重篤な副作用が発現し、致死的な経過をたどった症例が報告されているので、緊急時の対応が十分可能な医療施設及び医師が使用すること。また、本剤投与後に有害事象が発現した場合には、主治医に連絡するよう患者に注意を与えること。[「重要な基本的注意」及び「重大な副作用」の項参照]
  2. 感染症
    • 重篤な感染症
      敗血症、肺炎、真菌感染症を含む日和見感染症等の致死的な感染症が報告されているため、十分な観察を行うなど感染症の発現に注意すること。[「重要な基本的注意」及び「重大な副作用」の項参照]
    • 結核
      播種性結核(粟粒結核)及び肺外結核(脊椎、リンパ節等)を含む結核が報告されている。結核の既感染者では症状の顕在化及び悪化のおそれがあるため、本剤投与に先立って結核に関する十分な問診及び胸部X線検査に加え、インターフェロンγ遊離試験又はツベルクリン反応検査を行い、適宜胸部CT検査等を行うことにより、結核感染の有無を確認すること。結核の既往歴を有する患者及び結核の感染が疑われる患者には、結核等の感染症について診療経験を有する医師と連携の下、原則として本剤投与前に適切な抗結核薬を投与すること。ツベルクリン反応検査等の検査が陰性の患者において、投与後活動性結核が認められた例も報告されている。[「慎重投与」、「重要な基本的注意」及び「重大な副作用」の項参照]
  3. 関節リウマチ患者では、本剤の治療を行う前に、少なくとも1剤の抗リウマチ薬等の使用を十分勘案すること。また、本剤についての十分な知識とリウマチ治療の経験をもつ医師が使用すること。

本剤は、重篤な副作用の発現などに対する定期的な検査や、急速に発症する可能性のある副作用に迅速に対応できる施設で、かつ呼吸器専門医、放射線専門医、感染症専門医、肝臓専門医などと連携した対応が十分可能な施設で使用してください。

【効能・効果】

既存治療で効果不十分な関節リウマチ(関節の構造的損傷の防止を含む)

<効能・効果に関連する使用上の注意>

過去の治療において、メトトレキサートをはじめとする少なくとも1剤の抗リウマチ薬等による適切な治療を行っても、疾患に起因する明らかな症状が残る場合に投与すること。

【禁忌(次の患者には投与しないこと)】

  1. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  2. 重篤な感染症(敗血症等)の患者[症状が悪化するおそれがある。]
  3. 活動性結核の患者[症状が悪化するおそれがある。]
  4. 重度の腎機能障害を有する患者[副作用が強くあらわれることがある。(「薬物動態」の項参照)]
  5. 好中球数が500/mm3未満の患者[「重要な基本的注意」及び「重大な副作用」の項参照]
  6. リンパ球数が500/mm3未満の患者[「重要な基本的注意」及び「重大な副作用」の項参照]
  7. ヘモグロビン値が8g/dL未満の患者[「重要な基本的注意」及び「重大な副作用」の項参照]
  8. 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人[ 動物実験において催奇形性が報告されている。(「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照)]

慎重投与(次の患者には慎重に投与すること)

以下の患者に投与する際はご注意ください。場合によっては、本剤の投与をお控えください。

感染症の患者又は感染症が疑われる患者

本剤は、免疫反応に関与するJAKファミリーを阻害し、感染症に対する宿主免疫能に影響を及ぼす可能性があります。本剤の投与に際しては、十分な観察を行い、感染症の発現や増悪に注意してください。本剤投与中に重篤な感染症を発現した場合には、速やかに適切な処置を行ってください。感染症がコントロールできるようになるまで投与を中止してください。また、患者に対し、発熱、倦怠感等があらわれた場合には、速やかに主治医に相談するようご指導ください。

結核の既感染者

結核のスクリーニング検査についてはこちらをご参照ください。

結核の既感染者では、本剤投与により結核を活動化させる可能性があります。本剤投与に先立って、結核に関する十分な問診及び胸部X線検査に加え、インターフェロンγ遊離試験又はツベルクリン反応検査を行い、適宜胸部CT検査等を行うことにより、結核感染の有無を確認してください。結核の既往歴を有する場合及び結核感染が疑われる場合には、結核診療経験のある医師に相談してください。

以下のいずれかに該当する患者には、原則として本剤投与前に適切な抗結核薬を投与してください。なお、結核の活動性が確認された場合は、結核の治療を優先し、本剤を投与しないでください。

  1. 胸部画像検査で陳旧性結核に合致する、又は推定される陰影を有する患者
  2. 結核の治療歴(肺外結核を含む)を有する患者
  3. インターフェロンγ遊離試験やツベルクリン反応検査等の検査により、既感染が強く疑われる患者
  4. 結核患者との濃厚接触歴を有する患者

また、本剤投与中も胸部X線検査等の適切な検査を定期的に行うなど、結核の発現には十分に注意してください。

結核を疑う症状(持続する咳、発熱等)が発現した場合には速やかに主治医に連絡するよう、患者にご指導ください。

易感染性の状態にある患者

本剤は免疫反応を減弱する作用を有し、易感染性の状態にある患者は感染症を発現するリスクがより増加する可能性があります。本剤の投与に際しては十分な観察を行い、感染症の発現や増悪に注意してください

重篤な感染症についてはこちらをご参照ください。

肝機能障害を有する患者

トランスアミナーゼ値が上昇することがあります。基準値上限の5~10倍以上に上昇した症例も報告されています。薬物性肝障害が疑われる場合には本剤の投与を中断してください。本剤投与中は観察を十分に行い、異常が認められた場合には、適切な処置を行ってください。なお、重度の肝機能障害を有する患者に対する本剤の投与経験はありませんので、重度の肝機能障害を有する患者への本剤の投与はお控えください。

肝機能障害についてはこちらをご参照ください。

好中球減少のある患者

好中球減少により、感染症を発現するリスクが増加するおそれがあります。本剤投与開始後は、定期的に血液検査を行ってください。好中球数が1000/mm3未満の場合は、本剤の投与開始をお控えいただき、好中球数が500/mm3未満の場合は、本剤の投与を開始しないでください。また、本剤投与開始後、好中球数が継続して500~1000/mm3になった場合は、好中球数が1000/mm3を超えるまで本剤の投与を中断してください。

血液障害についてはこちらをご参照ください。

高齢者

高齢者において、重篤な有害事象の発現率の上昇が認められています。一般に高齢者は生理機能が低下しているため、十分に注意してください。また、本剤は主として腎臓から排泄されますが、高齢者では腎機能が低下している場合が多いので、用量に留意して、患者の状態を観察しながら、慎重に投与してください。

用法・用量についてはこちらをご参照ください。

リンパ球減少のある患者

リンパ球減少により、感染症を発現するリスクが増加するおそれがあります。本剤投与開始後は、定期的に血液検査を行ってください。リンパ球数が500/mm3未満の場合は、本剤の投与を開始しないでください。本剤投与開始後、リンパ球数が500/mm3未満になった場合には、500/mm3以上となるまで本剤の投与を中止してください。

血液障害についてはこちらをご参照ください。

腸管憩室のある患者

消化管穿孔があらわれるおそれがあります。腸管憩室のある患者では、憩室炎が悪化して穿孔に至るおそれがあるため、十分に注意してください。異常が認められた場合には投与を中止するとともに、腹部X線検査、CT検査等を実施するなど十分に観察し、適切な処置を行ってください。

消化管穿孔についてはこちらをご参照ください。

ヘモグロビン値減少のある患者

安全性についての十分なデータが蓄積されていないものの、ヘモグロビン値減少が報告されています。本剤投与開始後は、定期的に血液検査を行ってください。ヘモグロビン値が8g/dL未満の患者には、本剤の投与を開始しないでください。本剤投与開始後、ヘモグロビン値が8g/dL未満になった場合には、正常化するまで本剤の投与を中止してください。

血液障害についてはこちらをご参照ください。

間質性肺炎の既往歴のある患者

間質性肺炎があらわれるおそれがあります。異常が認められた場合には、速やかに胸部X線検査、胸部CT検査及び血液ガス検査等を実施し、本剤の投与を中止してください。また、ニューモシスティス肺炎との鑑別診断(β-Dグルカンの測定等)も考慮に入れ、適切な処置を行ってください。

間質性肺炎についてはこちらをご参照ください。

中等度又は軽度の腎機能障害を有する患者

腎機能障害を有する患者では、本剤の投与により副作用が強くあらわれるおそれがあります。中等度※の腎機能障害を有する関節リウマチ患者では、バリシチニブの用量は2mg1日1回の投与とし、副作用の発現に注意してください。重度※の腎機能障害を有する関節リウマチ患者には、本剤を投与しないでください。

なお、発熱、下痢などの体調不良による脱水で急激な腎機能低下が生じる場合がありますので、このような症状がみられる場合は適宜推算糸球体ろ過量(eGFR)を確認するなどご対応ください。

※ 本剤の臨床試験では、腎機能障害の重症度の指標として、Modification of Diet in Renal Disease(MDRD)法によるeGFRに基づく分類を用いた。
中等度:30≦eGFR<60mL/分/1.73m2
重 度:eGFR<30mL/分/1.73m2

用法・用量についてはこちらをご参照ください。

静脈血栓塞栓症のリスクを有する患者

深部静脈血栓症及び肺塞栓症の発現が報告されています。観察を十分に行いながら、慎重に投与してください。異常が認められた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行ってください。

静脈血栓塞栓症についてはこちらをご参照ください。

注意を要するその他の患者

以下の患者に投与する際はご注意ください。

ヘルペスウイルスの既感染者

ヘルペスウイルスを含むウイルスの再活性化(帯状疱疹等)が報告されています。帯状疱疹の徴候や症状の発現が認められた場合には受診するよう患者に説明し、本剤の投与を中断して速やかに適切な処置を行ってください。

帯状疱疹についてはこちらをご参照ください。

脂質異常症を有する患者

総コレステロール、LDLコレステロール、HDLコレステロール及びトリグリセリドの上昇等の脂質検査値異常があらわれることがあります。本剤投与開始後は定期的に脂質検査値を確認してください。臨床上必要と認められた場合には、脂質異常症治療薬の投与等の適切な処置を考慮してください。

脂質代謝異常についてはこちらをご参照ください。

B型肝炎ウイルスキャリアの患者又は既往感染者

B型肝炎ウイルス検査についてはこちらをご参照ください。

抗リウマチ生物製剤を投与されたB型肝炎ウイルスキャリアの患者又は既往感染者(HBs抗原陰性、かつHBc抗体又はHBs抗体陽性)において、B型肝炎ウイルスの再活性化が報告されています。本剤投与に先立って、B型肝炎ウイルス感染の有無を確認してください。B型肝炎ウイルスキャリアの患者又は既往感染者においては、肝機能検査値やHBV DNAのモニタリングを行うなど、B型肝炎ウイルスの再活性化の徴候や症状の発現に注意し、HBV DNAが検出された場合は肝臓専門医に相談してください。

悪性腫瘍の既往のある患者

悪性リンパ腫、固形癌等の悪性腫瘍の発現が報告されています。本剤との因果関係は明らかではありませんが、悪性腫瘍の発現には注意してください。

悪性腫瘍についてはこちらをご参照ください。

ワクチン接種予定の患者

本剤投与中のワクチンに対する応答は明らかになっていません。必要な予防接種は、本剤投与開始前の接種をご検討ください。また、本剤投与中の生ワクチンの接種は、感染症の発現リスクを否定できないため、行わないでください。

妊娠可能な婦人

動物実験では催奇形性が報告されています。妊娠可能な婦人には、本剤投与中及び本剤投与終了後、少なくとも1回の月経周期は適切な避妊を行うようご指導ください。

患者への注意事項についてはこちらをご参照ください。